THE LAGOM LIFE

うららかさんのちょうどいい暮らし

カウンセリング 2回目

カウンセリングに行ってきました。

過去にカウンセリングで解決したり何か気持ちが変わったりした思い出があまりなく、今回も半信半疑でしたがやっと話を聞いてくれる先生に出会えたのかなぁという感じがしています。


今回の気づき

  • 私にとって絵を描くことはコミュニケーションツール
  • コミュニケーションが好き
  • コツコツ積み上げる努力をすることができる
  • 自分を客観的に分析できている
  • 自分にとっての“幸せ像”がわかっていない
  • 会社に人に言われた心無い言葉で傷つくのは普通だ、わたしはおかしくなかった
  • そういった人達とコミュニケーションをとる方法を学べば耐性がつくようになる


ぼろぼろ泣きながら仕事の話や過去の話をしているとき、なぜ絵を描くことを好きになったのかと問われ、過去の話をしました。

小学校を3回転校している私にとって絵を描くということがコミュニケーションツールだった、ということに気がついたのは大きかったです。


いま、会社にもどることがとても嫌だと感じています。仕事もハイプレッシャーのなか何かをしたくない。くるしい。

ただ、人とコミュニケーションをとることは好きです。

接客業とかの方が向いてるのかなあ。



カウンセラーさんに「ワクワクすること、こころがホッと幸せになることってなんですか?」と言われて、何も答えられませんでした。

「幸せ像がわからないんですね」と言われてその通りだなあという感じ。

「理想の暮らし」や「ワクワクすること」をまとめてコラージュにしてみてくださいと言われたので、次回まとめて持って行くことになりました。

わたしのワクワクすることって何だろう。



幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII