THE LAGOM LIFE

うららかさんのちょうどいい暮らし

病院にいってきた話

病院にいってきた。

先週、休職診断書をもらってから1週間が経った。本当は先週の土日に行かなきゃいいけなかったのだけど、外に出る気になれず2日が経ってしまった。

火曜日に予約するものの、身体が動かず2回時間変更をして結局行けなかった。

水曜日、ようやく動ける気持ちになったものの、結局2回時間変更をして、閉院の受付締切時間30分前に駆け込んだ。


振り返ってみて良かったところは、過程はどうであれ病院に行けたこと、症状を紙に書いて整理して話ができたこと。


今日の先生は話しやすい人で、いろいろ話すことができた。

「今の仕事が自分に合わないとわかっているけど怖くて辞められないんです」

「何が怖いんですか?」

「辞めたところで後で人に“逃げた”とか“責任感が無い奴”と罵られたり悪口を言われたり笑われるのが怖いんです」

「ふむ」

「実は初めて勤めた会社で1年半働いて過労の末に休職し退職した際に、すごく仲の良かったひとたちから関係を切られ悪口を言われていたことがあって…」

という会話をした。

ここまで話して自分で自分に驚いたし、心の奥底にあるドロッとしたものが吹き出てきたように感じた。


わたしはあの会社での休職〜退職をずっと引きずっていたんだ。



話は変わるが最近気がついたことがある。

わたしは一見、コミュニケーション能力に長けていて明るく悩みなんてなさそうと言われる「陽キャラ」に見られがちだけど、それはONの姿であって

真の姿は、1人でいる時間がなによりも心地よく・見知らぬ土地に行くことに抵抗を感じ・他人とコミュニケーションを取ることにとても疲れを感じるタイプなんだ。

つまり、「陰キャラ」ということ。


ここを理解してくれる人と出会えたらわたしは幸せになれるのかもしれない。

どうにもこうにも、陽キャラだと見られ、そういった言動を期待され、お付き合いすることがあり、結局わたしの真の姿をみて失望し離れていく人が多いんだ

「そんなに根暗だと思わなかった」と歴代の元カレたちは言っていたっけ。




たしかに明るいことも好きだけど、心から安らぐ瞬間は家にいるときなんだよ、わたしは。

いつかわたしの本当の姿を見てくれる人と出会えたら良いな。



「もう悩むのが苦しい。今すぐ会社を辞めるか、どうするかを決めたい。だけど会社を辞めるには経済的なことを考えるととても不安で苦しい。二進も三進もいかない。どうしたらいいのかもうわからない」

と病院の先生に相談をした。先生の回答はこうだった。

「いま休まない選択をしたとして、すぐに会社に復帰できますか?もし仮に辞めたとして、すぐに働けないですよね。そういった精神状態ならまずは休みましょう」

2週間の休職か、1ヶ月の休職か、どちらがいいですか?と言われ、わたしはわからなくてしどろもどろしてしまった。

結局先生の判断で7月いっぱいの給食を取ることにした。

まずは休んで、心を正常にしてから、判断をしましょうと。



帰り道、父から着信がきていて歩きながら電話をした。

「今日からの休職期間はもう今の会社のことは考えないで、次のことを考えたらいいよ。今まで返せてなかったメールを返すとか、絵を描いてみるとか、パソコンを持ってカフェに行ってさ、好きなことをしなよ」

と父は言っていた。

わたしはいまあまり記憶力が覚束なくて、良い言葉などをすぐに忘れてしまうので、ここにメモしておく。

明日からは家を少し出てみようと思う。



といったところで、本日は以上です。

ほいでは

「うつ」とよりそう仕事術 (Nanaブックス)

「うつ」とよりそう仕事術 (Nanaブックス)

  • 作者: 酒井一太
  • 出版社/メーカー: ナナ・コーポレート・コミュニケーション
  • 発売日: 2011/12/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 6人 クリック: 66回
  • この商品を含むブログ (14件) を見る

【レビュー】巷で人気のプラグ付モバイルバッテリー Anker PowerCore Fusion 5000

こんにちは、うららかさんです。

先日のAmazonプライムデーのセールで購入した、Ankerモバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 5000」が届きました!


注文の翌日に到着。Amazonの荷物詰めってどうなってるの…?という速さで毎度驚かされます。

さて、早速ですが開封してみたので紹介しますね。

初Ankerのモバイルバッテリー

いざ、開封の儀


パッケージはこんな感じです。シンプルで爽やかなブルーが目に眩しい。


パカっと開けてみました。

本体とアクセサリー、そして取扱説明書が梱包されています。

シンプルで爽やかな白いモバイルバッテリー


こちらが本体です。触り心地はサラサラしています。

MacBookの充電器のようにツルツルはしていません。私はこのサラサラ感が気に入りました。


差込口はこんな感じ。USBが二口。あとUSBから本体を充電できるよう、Android用充電口もあります。


このモバイルバッテリーの最大の特徴はこの本体に直接内蔵されているプラグ!

プラグが内蔵されていることにより、モバイルバッテリー用の充電器が要りません。

そして外出先でも電源口さえあればモバイルバッテリーをすぐに充電することができます。

すごいですね〜便利ですね〜

付属品はメッシュポーチとAndroid用充電コード


同封されていたアクセサリーという青い箱を開けると、メッシュポーチとAndroid用の充電コードが入っていました。

iPhoneiPadを充電したい人は別途コードを用意する必要がありますのでお気をつけを。

使ってみた感想

まず、角が丸くてコロンとしていて、かわいいです。

そして充電プラグ付きなのは非常に便利。いや本当これを買ってよかった。

重さは180g。全然気になりません。


こいつをカバンに忍ばしておけば充電切れを心配することなんて無さそうです。わーい、ストレスフリーだ!

今回のセールで買い逃してしまった方も、ぜひ購入検討してみてくださいね。


そんなところで、本日は以上です。

ほいでは〜

嫌なことから逃げたら成長しないのか?という話

f:id:sleepdesign:20180715195216p:plain

こんにちは、うららかさんです。

「嫌なことから逃げたら成長しないのか?」という話をしたいと思います。

我慢してやる = 成長は見込めず、心身不調のリスクが高まる

やりたくないこと・つらいことを我慢してやっていれば「技術」や「根性」が身につくイメージがありますよね。

それに対し、Dr.ゆうすけさんはこう説いています。

過剰なストレスから得られるものは「心身不調のリスク」と「がまん強さ」だけで、「成長」はあまり見込めない

「いやなこと」に耐えて、成長することもたしかにあるとおもう。ただそれは、耐えた先に得られるものが、じぶんを幸せに近づけてくれる場合に限る。

つまり、「我慢してやる = 成長は見込めない / 心身不調のリスク」があるということ。

どうして「我慢」は成長につながらないのか、この記事に詳しく説明されていたのでまとめたいと思います。


1.苦痛からは逃げていい理由「ストレス負荷」

成長するには「自分の良さが活かされている」環境に身を置く必要がある

https://d2l930y2yx77uc.cloudfront.net/production/uploads/images/6888131/picture_pc_58b4a4834dfdfcef8972d8689029b0ea.jpg

人が成長する、適度なストレス負荷の状態を「ユーストレス状態」いいます。

適度なストレス状態(ユーストレス)

より良い状態に近づくための「刺激」「試練」

  • 「じぶんの良さが活かされているなあ」と感じる
  • 「いい感じで働けているなあ」と思う

望ましいストレス状態ではない(ディストレス)

良い状態へは近づけないただの「苦行」「苦痛」

  • 「じぶんのいいところが活かされていない」と感じる
  • 「退屈だなあ」と感じる
対応策:量・質・環境を変える

じゃあ、いま望ましいストレス状態ではないと感じた場合、どうしたら良いのか。

  • 刺激(ストレス)の量や質を変えるよう試みる
    • 業務を変える
    • 関わるひとを変える

具体的には、異動や人付き合いを遮断するなどでしょうか。

それが無理なら環境そのものを変えることも前向きに考える

「環境を変える = 転職・別れ・引越し」も考えられます。

良いストレスは「刺激・試練」、単なる我慢は「苦行・苦痛」

  • 適度なストレス状態(ユーストレス)
    • より良い状態に近づくための「刺激」「試練」
  • 望ましいストレス状態ではない(ディストレス)
    • 良い状態へは近づけないただの「苦行」「苦痛」

ディストレス状態でいることは、基本的に【成長<我慢】だから、あんまりおすすめしない。

いま感じているストレス負荷は、刺激なのか、苦痛なのか。

その違いは「自分の良さが活かされている」か「活かされていないか」の違いなんですね。だんだんとわかってきました。


逃げていい

「じぶんに強い負荷をかけて、つらい環境に身をおかなければ成長しない」っていうのはわりと思い込み

しんどすぎる環境や、じぶんの良さがまったく活かされないような環境に居続けると、ガマン強くはなるけど、実は「成長」しにくいので、負荷を軽減する方向に「逃げたほうがいい」とおもっている。

逃げること = 負荷を軽減すること

つまり、「自分の良さを活かせる環境に身をおくこと」を推奨されています。


2.苦痛からは逃げていい理由「成長の方向性」の問題

じぶんが価値のある「何者か」であることを証明したいがために、「できること」「やれること」をひたすら増やしていこうと躍起になっていた時期があった。

「あれ?別にコレそんなにやりたくねえかも」ってことに気づいてきたので、じぶんが心底アガること以外を、極力切り離すようにしてきたら、随分生きやすくなったんだよねー。

わたしにも見に覚えがあります。

無駄に知識は手広くあるのは、自分が価値ある何者かでありたいと誰かに認めてもらいたかったからかもしれません。

成長とは、今のじぶんをより幸せな状態に近づけるために、積み重ねるべき変化のことである

30個資格をもっているひとが目指すべき成長の方向性は、31個目の資格をとろうと努力をするのではなく、その30個の資格に関連するコトのうち、じぶんがほんとうに好きな2−3個だけに絞っていくことなんじゃないか。


何者かになろうとするのではなく、自分の軸を強化していくこと。

成長の方向性を見出し、自分で自分を活かすこと。

そしてより幸せな状態に、自分自身で導いてあげること。

この積み重ねの変化が、本当の「成長」なんでしょう。


幸せになるために知ること

  • じぶんがほんとは何を好きで何が嫌いかを知ること
  • 本当はいやなことをやめること
  • ひとの感情がわかること
  • じぶんの感情がわかること
  • じぶんが関わりたいのはどんなひとかを知ること

若いときは雑食でいいが、鋭敏であれ

若いときは経験も少ないし、なにがじぶんを幸せにしてくれるかがわからないから、とりあえず雑食でいい。ただ、「きっとこれはわたしを幸せにしないな」という感覚には鋭敏でいてほしいし、そういう場からはうまく離れたほうがいい。

しっかりアンテナを立ててそれなりの経験を積めば、「だいたいあっちの方だな」って土地勘が磨かれていく。そっちが目指すべき「成長の方向性」だから、前のめりになっていいよね。

まとめ

  • 嫌なことから逃げていい
    • 苦痛や我慢の先に成長はない
    • 過剰なストレスから得られるものは「心身不調のリスク」と「がまん強さ」だけ
  • ストレスには2種類がある
    • 良いストレスとは「自分が活かされている」と感じること
    • 悪いストレスとは「自分が活かされていない」と感じる
  • 苦痛や我慢への対応策
    • ストレスの質・量・環境を変える
  • 成長するには「自分の良さが活かされている」環境に身を置く必要がある
  • 逃げるとは「自分が活かされる環境」に身をおくこと
  • 成長の方向性を見出す
    • 自分を活かせる能力・本当に好きなことを知る
    • 自分が活かされる環境を知る


自分探し、自問自答とはつまりこういうことなんでしょうね。

そんなところで、本日は以上です。

ほいでは。

逃げる勇気: 「できる人」は九割を捨て、たった一割で勝負する

逃げる勇気: 「できる人」は九割を捨て、たった一割で勝負する

人が集まる職場 人が逃げる職場

人が集まる職場 人が逃げる職場

逃げる自由 〈諦める力2〉

逃げる自由 〈諦める力2〉