読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うららかさん

英語と、美容と、お片付けの、うっとり日記

URARACA DAYS

Good things will happen.

ゴミ屋敷の実家を大掃除

生活-片付け・そうじ 生活

f:id:sleepdesign:20160211065342p:plain

昨日は朝8時から24時まで、ほとんどずっと家の掃除をしていました。おかげで玄関・靴箱・玄関脇のクローゼット・廊下がすっきり。

今日は昼から夕方まで自室の断捨離。捨てたい粗大ごみは縦横高さを調べて、粗大ごみ受付センターに電話を。週に1回の回収、しかも1回につき5点までしか出せないようなので1ヶ月くらいは粗大ごみ捨て月間になりそうです。



実家は汚部屋です。はてなブログにはミニマリストの方が多いので、写真を見せるのがとっても恥ずかしいのでBEFOREは見せられませんが…本当に恥ずかしいくらいのゴミ溜め部屋だと思います。

ひとり暮らしをはじめてからわたしは割と片付けや掃除ができるようになりましたが、それまで綿埃が床に落ちていること・隅に蜘蛛の巣がはること・お風呂のカビは当たり前だと思っていました。(いまは考えられない!本当にありえないですよね…)

4年ぶりに実家で暮らすことになり、ゴミ溜めと化した家を片っ端からお掃除中です。親がもったいない派の人なので、わたしがゴミをまとめれば、知らない間にほどかれ、元に戻される…なんてことも。。

それでも親がいない間に玄関の片付けではゴミ袋10個分、自室の断捨離ではゴミ袋14個分捨てました。玄関脇のクローゼットには傘が30本くらいありました。いつか使うだろうと溜められた紙袋が数十枚…。本当、ありすぎ…!

わたしは思春期を過ぎた頃から蕁麻疹や肌荒れが治らず、思春期ニキビかな?と思っていたけど、ひとり暮らしを始めてから皮膚科にかかったところハウスダストアレルギーということが判明。それからいろんな事に気を配りながら暮らしてきましたが、実家に戻って空気を吸うと肌がどんどん荒れていくのがわかります。

掃除をしていると蕁麻疹が発生してしまい痒くて仕方がありません。でも、わたしがやらねば誰もやらないので…マスクをして痒くなったら顔を洗って…といった対策をしながら絶賛お片付け中です。



玄関から始める片づいた暮らし (青春文庫)

玄関から始める片づいた暮らし (青春文庫)

玄関から始める片づいた暮らし

玄関から始める片づいた暮らし

ちなみに玄関を片付けるきっかけになった本はこちら。この本の通りに片付けてみたらスッキリ片付けることができました。

年末までにキレイになるかなあ。風通しの良い部屋で新年を迎えるためにも、頑張るぞ!

新 ガラクタ捨てれば自分が見える (小学館文庫)

新 ガラクタ捨てれば自分が見える (小学館文庫)

カレン本として有名なこちらの本も気になっていますがKindleがないようなので、来週にでも駅前の図書館に行ってみようと思います。