うららかさん

英語と、美容と、お片付けの、うっとり日記

URARACA DAYS

Good things will happen.

ゆるく、楽しく、ストレスフリーに生きるコツ

f:id:sleepdesign:20151007185158p:plain

今月は本を3冊読もうと決めたのでまずは1冊。

なにを読もうかなあとKindleのアプリをぼんやり眺めていたら購入したけど未読の本が何冊があったのでこれをチョイス。本田直之さんの「ゆるい生き方」をよみました。

ゆるい生き方 ?ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣〜

ゆるい生き方 ?ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣〜

1年の半分は東京で、もう半分はハワイで暮らしているらしい本田さん。うらやましいですね。

そんな本田さんのハワイで暮らして学んだ「ゆるく、楽しく、ストレスフリー」に生きるコツ(アロハ・スピリットというらしい)について書かれてました。

ゆるい生き方のポイント

  • 何にも縛られず、制約を作らない
  • 食事と睡眠にこだわる
  • 人の感情は伝染する
    • 自分がゆるくなれば周りの人もゆるくなる
  • 仕事は「正しいか/正しくないか」、プライベートは「楽しいか/楽しくないか」で判断する

印象に残った習慣(思考編)

習慣04:ドロップオフのリストをつくる

「やること・やりたいことリスト」より「やらないことリスト(ドロップオフ・リスト)」のほうが大切。(切り捨てリスト、いらないものリスト)なぜなら、自分にとっていらないものをあらかじめ決めておかないと欲望が際限なく広がっていくから。
そもそも必要なのか・他のものでは代用できないのかを考え、自分の価値観にそぐわない「やらないこと」を決めて行動した方がブレがない。

習慣05:何事も60点主義で考える

習慣06:人生を競争しない

何歳で結婚し、どこに家を建てようと、そんなことは人それぞれで他人と比べる問題ではない。他人と同じ人生を歩もうとすること自体おかしな話。

習慣08:言葉で自分を縛らない

プライベートに「義務」はない。自分自身による高速が日常化してくると「◯◯しなきゃ」と自分を追い込む思考回路ができあがってしまう。どんな行動にせよ、自分が自発的に選んでいるんだという意識をしっかりもって「◯◯しなきゃ」と口にしないこと。
心はかなりの部分が言葉によって支配されている。たとえ小さなひとりごとであっても、その言葉は自分を縛りストレスを与えている可能性が高い。

習慣13:無駄を削ってシンプルに生きる

悩みとは「決断できず迷っている状態」。身の回りをシンプルにしたら迷わない。
「自分たちには海があり、食べ物もあり、住むところもあり、ハワイの島はいつも暖かい。それ以上なにを望むんだ?」

印象に残った習慣(環境編)

習慣30:トレンドに翻弄されない

習慣32:おいしいものにこだわる

むしろ忙しいときほど、ゆっくりとおいしい食事を摂ることが大切なのです。そして食事のいいところは「おいしいものを食べたら例外なく気分が盛り上がる」という点です。これは生理的な反応なのでかならず満足感が得られます

印象に残った習慣(行動編)

習慣39:ゆっくり歯磨きをする

習慣60:積極的に他者をほめる

読んでみて

なるほど〜と思うことが多かったです。いろんな本で同じようなことは何度も書かれてるけど、改めて今読むと刺さるな〜ってかんじでした。

とくに「やらないことリスト(ドロップオフ・リスト)」「言葉で自分を縛らない」「ゆっくり歯磨きをする」「おいしいものにこだわる」っていうのは良かった。

昔の恋人にはなにか悩んだときいつも相談をしていたのだけど「やりたくないことを書き出してみなさい」ってよく言われたことを思い出しました。彼はビジネス書や自己啓発本?というのかな、そういうものを良く読む人で「大切なことは全て本に書いてあるからもっと本を読みなさい」とよく言われたものです。その影響でわたしも読むようになった気がします。
そう、その彼が言っていたことが全部書いてあるなあと思った本なのでした。彼も大きな舞台でもお偉いさんの前でもTシャツGパンでいるタイプの人でした。変わってたなあ。

「言葉で自分を縛らない」というのはまさにその通り。何かの本で読んだのだけど脳って全ての言葉を自分に投げかけちゃうんだとか。だから◯◯がムカつく、◯◯ってダメなやつってボヤいてると「自分がムカつく」「自分ってダメなやつ」って自動変換されてどんどnストレスが貯まっちゃうんだって。そうじゃなくてもわたしは自分に対してけっこうマイナスな発言をしてしまいがちだから気をつけなきゃなあと思いました。

「おいしいものにこだわる」これもここ数年で経験しました。
コンビニやスーパーのごはんばっかり食べていると気が滅入ってくるし、体調も肌の調子も悪くなる。どんどん暗い気持ちになるなあというのを体験しました。
前の職場の先輩の一言が深く刺さって抜けません。忙しくて忙しくて仕方なかったとき、死んだ魚のような目で財布をつかみ空腹をみたすためにコンビニに向かうわたしに「食事は作業にしちゃいけないよ」と彼は投げかけたのです。

最近は自炊もしてるし、適当に済ませること無く、おいしいごはんが食べられているなあと思います。あとおいしいごはん屋さんを探すのも好きになりました。

(ちなみに「ゆっくり歯磨きをする」と自律神経が整うんだそうですよ。)

あと、「積極的な忘却を心掛ける」というフレーズがよかったです。嫌なことが会った日は考える時間を与えず、早く寝る。睡眠がいろんなことを解決してくれるらしいです。


ゆるい生き方 ?ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣〜

ゆるい生き方 ?ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣〜


余談

それにしてもKindleのアプリ、本・マンガとかジャンル別に分けられたらいいのになあって思う。今月無料のマンガとかを毎月たくさんダウンロードしているんだけど、ライブラリが膨大な数になってきて何処に何があるのかわかんなくなってきちゃったよ。1つ1つ自分で仕分けるしかないのかなあ。

「ゆるい生き方」ですが去年の9月に読みたいなあといっていた本でした。

こうやって心の隅にひっかかっていた「緊急じゃないけど重要なやりたいこと」をちょっとずつリストを消化してゆこうと思います。