読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うららかさん

英語と、美容と、お片付けの、うっとり日記

URARACA DAYS

Good things will happen.

メンタルが強い人がやめた13の習慣(前編)

生活-読書 生活

f:id:sleepdesign:20151006224226p:plain

前に本屋さんで見かけてからずっと気になっていた本だったので、Kindleで読んでみました。Kindle読書、はまっています。

メンタルが強い人がやめた13の習慣

メンタルが強い人がやめた13の習慣

  1. 「自分を哀れむ習慣」をやめる
  2. 「自分の力を手放す習慣」をやめる
  3. 「現状維持の習慣」をやめる
  4. 「どうにもならないことで悩む習慣」をやめる
  5. 「みんなにいい顔をする習慣」をやめる
  6. 「リスクを撮らない習慣」をやめる
  7. 「過去を引きずる習慣」をやめる
  8. 「同じ過ちを繰り返す習慣」をやめる
  9. 「人の成功に嫉妬する習慣」をやめる
  10. 「一度の失敗でくじける習慣」をやめる
  11. 「孤独を恐れる習慣」をやめる
  12. 「自分は特別だと思う習慣」をやめる
  13. 「すぐに結果を求める習慣」をやめる

書かれていた13の習慣はコチラ。
どれも胸にグッサリとくるものばかり。気になった箇所をメモ。

「メンタルの力をはぐくむ」とは

”どんな状況においても、自分の感情や思考をコントロールし、前向きな行動をとる力を高める”ということ

  • 根拠の無い思い込みを特定し、現実的・合理的な思考をする
  • 前向きな行動
  • 自分の感情をコントロールする

穏やかな感情と合理的思考ができているとき、最良の決断・行動ができるそうです。

01.「自分を哀れむ習慣」をやめる

自分を哀れむことは、自分をダメにすること。

  • 恐れているものに向き合わない、自分の行動に責任をとらない、改善のために何もしていない時間を正当化している
  • 時間のムダ、ネガティブな感情が現実化する

やめる方法

  • なにか新しいことをする(ボランティア、運動、習い事)
  • 問題をポジティブな視点からみてみる
  • 大切な人が同じ問題を抱えているときにするアドバイスを自分に向ける
  • 過去の成功体験を思い出す
  • 良いこと日記、感謝日記をつける
    • 哀れみスイッチが入りそうになったら良いこと日記を読み返す

02.「自分の力を手放す習慣」をやめる

自分の思考・感情・行動を他人に支配されていたらメンタルは強くならない。
自分に自信がない人は他人の評価で自分の価値を決め、自尊心を左右されてしまう。
成功する人間は、たった1人の人間に自分を定義させたりしない。

やめる方法

  • 自分が誰に時間とエネルギーを注いでいるか、考える。
  • ネガティブな反応をしそうなときの対処法
    • 深呼吸する。状況から距離をおく。その場から立ち去る。散歩で気を紛らわす。
  • 批判されたら
    • 真実となる根拠は?
    • 真実ではない根拠は?
    • 相手はなぜ自分にツラく当たるのか考える

何をし、何を考え、何を感じるのかは自分で選ぶことができる。

03.「現状維持の習慣」をやめる

やめる方法

  • 現状維持のメリット・デメリット、変化するメリット・デメリットを書き出す。
  • なぜ変わりたいのか理由も書き出す。
    • その決断が自分にとって最善か判断することができる。
変化のための計画をたてる(最重要)
  • 30日間に専念できる現実的な目標をたてる
  • 1日単位でできることを1つ設定する
  • 課題にどう対処するか、計画する
  • 毎日の進捗を誰かに報告する
  • 進捗を観察する、達成したことを記録する

07.「過去を引きずる習慣」をやめる

今が不満だから過去の栄光にひたる。過去にこだわると今を楽しめずチャンスも逃す。
別の選択をしていたらどんな人生になっていたかなんて誰にもわからない。

いくら思いを巡らしても過去は変えられない
  • 時間のムダ、意思決定力が鈍る、健康に悪い

思い出は自分が思っているほど正確ではない。どれも不快な部分が誇張されているもの。

やめる方法

過去を受け入れて前進する方法
  • 過去について考える時間を決めて設ける
    • 終わったら考えない
  • 別のことを考える
    • チャンネルが入りそうになったら、未来の計画を立てる。寝る前に効果的。
  • 今後の目標をたてる
    • 短期的、長期的な目標を立て、達成に必要な行動ステップを書きだそう。そして実行していく。
嫌な思い出を振り返る方法
  • 学んだことを考える
  • 感情ではなく事実を振り返る
  • 別の視点からみる
過去と仲直りする方法
  • 前進する許可を自分に与える
  • 許す訓練をする

08.「同じ過ちを繰り返す習慣」をやめる

「一度失敗すれば学べる」のではなく、人間は同じ過ちを繰り返している
  • 目標を達成できない、問題が解決されない
    • 自分を無能だ・ダメ人間だと思うようになる
  • 諦めがちになる、周りを苛立たせる
  • 過ちを正当化する根拠の無い思い込みが生まれる
    • 「そういう運命なんだ」「遺伝だから仕方がない」など

やめる方法

過ちから学ぶ時間をとり、振り返る
  • どこがいけなかったのか?
  • 「もっとうまくやれたはず」と思うところは?
  • 次はどうすればよいか?
過ちを繰り返さない計画を立てる
  • いつもの行動に代わる行動を設定する。
    • どんな行動をとれば不健全な行動を繰り返さずにすむのか
  • 悪い道に戻る前兆を知る。
  • 間違いを指摘してくれる信頼できる人に進捗を話す。
    • 日記・カレンダーで進捗管理すると責任ある行動をとりやすくなる

おわりに

なかなか心にグッサリくることばかりでした。
良いこと日記をつけること、過ちから学びを得ることは実践していきたいと思っています。
とくにわたしはブログを書き始めるといつの間にか暗くジメジメしたことを書いてしまいがちなので、これからはその日にあった良いことや心がホッコリするようなことを書き連ねてゆけたらと考えています。王様の耳はロバの耳はよくないですね。

さて、後編はまた後日。おたのしみに。

メンタルが強い人がやめた13の習慣

メンタルが強い人がやめた13の習慣