うららかさん

英語と、美容と、お片付けの、うっとり日記

URARACA DAYS

Good things will happen.

170227

父が緊急入院していることを知った。生きた心地がしなかった。

金曜に退院予定のようで命に別状はないとのこと。よかった…。いつも無茶ばかりする人なので、身体には気をつけて暮らしてもらいたい。片親がいない場合、歳をとった親をどうケアしたらよいか、悩む。20歳の頃からこれはずっと悩みの種だ。

最終的にはきっと彼の自己管理に頼るしかない。姉は父と折り合いが悪いし、歪みあっている。私は父と仲が良いけどずっとは構ってられない。私は私の人生を生きたい。

母に抑圧され、自分を抑えつけて過ごした暗黒の10代には戻りたくない。あの頃はいつも自分が自分じゃないみたいだった。仮面をかぶって過ごしていたし自暴自棄でとても荒れていたと思う。

身も心も夢も全て親に頭ごなしに否定されるこんなつまらない人生なんて生きてる意味ないしどうにでもなれ〜って割と本気で思って、毎日死んだように生きてたな。

いま自分の人生を生きることをどうか許してほしい。親不孝かもしれないけど、わたしは生きたい、自分の道を。自分で選択して、歩みたい。



日々許しを請うてるのかもしれない。どこかで許してほしいと思っているんだ、亡くなった母に。いつも否定しかしてこなかった母に。

いわゆる毒親というやつか。いつこの呪いは解けるんだろう。いつか解けるんだろうか。

王子様に「大丈夫だよ、君は正しいよ。」なんて言ってもらえることはこの先あるのだろうか。残念ながら今お付き合いしている恋人はそういうタイプではない。わりと残酷なタイプだ。

彼のことは好きだけど、心の底でつながっているのかというと違うような気がする。結婚となると難しいんじゃないかなというのが正直な感想。

どうしても昔の人と比べてしまう。昔の人はもっといたわってくれるひとがおおかった。そういう人が珍しいの?多くの人は優しい言葉なんてかけないもんなの?

the 3rd week of January

英語で表記しないと違和感を感じるようになったので、英語で表記しています。


16th, Monday

今日から新しいクラス。一つ上の新しいレベル。ドキドキしながら学校に行くと、ちょうどHolidayを終え今日から入ってくる人もいたみたいで、なんと15人の巨大なクラスになっていた。これは10人という許容量をオーバーしているけど学校側は対策を取らないんだろうか。同じレベルのもう1つのクラスは現在6人らしい。

でも、このくらい人数が多いほうが活気があって楽しいのでわたしはそのほうが好きだ。

どんな授業なんだろうとそわそわしているとなんと朝から1時間ほどテストだった。それも前の2週間で習ったことの復習テストだとか。衝撃をうけつつも、力試しだ…と思ってテストを解く。テストが終わり、採点されたら、なんとクラストップの成績だった。。。

でもわたしこのクラスで1番LISTENINGができないし、SPEAKINGもできない自信がある!!!

pronunciationもすごく悪い。苦笑いである…。

ランチはBrazilガールとTaiwanガールと一緒にサンドイッチ屋さんにいった。BLTサンドが£3。なかなか美味しかったけど、2人はあんまり好きじゃないと言っていた。

午後は図書室で二時間ほど勉強。先生に発音を聞いたり教えてもらう。すごく良い勉強になったし、先生もニコニコしながら教えてくれたので、これから午後の二時間はここで勉強しよう。

その後はフリークラスレッスンに参加して、帰宅。

夜8時から家を出て、23時までPubでカクテルを飲んだ。Brazilガール、台湾ガールと。恋愛トークをするもどう表現していいか単語がわからず撃沈。あと発音が悪すぎて通じないこともしばしば。

でもなんとかみんなが言ってることはわかるようになってきたのを実感している。

耳の成長も感じつつ、まだまだだなあとも思った1日でした。



17th, Tuesday

新しいクラス2日目。やっぱり人数が多い。でも前のクラスに比べるとまじめな生徒が多く、授業も身になることばかり。

今日は比較級の話だった。文法自体は中学〜高校レベルの復習なんだけど、ネイティブが使う単語や「これは文法的に正しいけどcomfortableじゃないわね」ということを教えてもらえて楽しい。

そんでもって、簡単な比較級でさえ、会話となると私は脳みそから抜け落ちてるようで全く使えなくなるのでいい訓練になっている。

  • much = a lot
  • a little = a little bit = slightly
  • more likely

中学生の時に習ったかもしれないけど、正直知らなかったことばかりだ。

今日はなんだかすごく疲れていた。疲弊。先週は月〜金まで学校に行き、週末は出かけ、月も出かけたからかもしれない。

とにかく1人になりたかった。どこに行っても人がいて、図書室でもざわざわしていて、ホームステイ先ではおばあちゃんと話さなきゃいけない。

無になりたかった。今思えば身体が休みを求めていたんだろうなあ…。

こんな日に限って、おばあちゃんは出かけていて帰りが夕方になるという。強制的にどこかで時間を潰さなくてはいけなかった。これがかなり堪えた。



18th, Wednesday

朝起きたら8時。8時半には家を出ないといけないのに!完全に寝坊だ。

身体全体が重い。重苦しい。疲れたって叫んでいる気がした。昨日のこともあり、もうダメだ〜と思ってしまった。

こういう日が1日くらいあってもいいよね、たまには自分を甘やかしてあげてもいいよね。と、思い切って学校を休むことにした。

学校に連絡をし、再度眠りにつく。次に目が覚めたとき、時計をみると、なんと15時だった。やっぱりわたし疲れてたんだなあと再確認。

階段を降り、kitchenに行く。誰もいない。しんとしている。開放されたようで心地よかった。

トーストを2枚焼き、バターを塗り、お湯を入れて紅茶を沸かす。束の間の休息を楽しんだ。部屋に戻ってしばらくすると玄関が開く音がして、おばあちゃんが帰宅したのがわかった。

17時半になるといつものように名前を呼ばれる。今日はアジアン料理だった。体調が悪いと伝えていたので、おばあちゃんなりの気遣いだったんだろう。ありがたい。全くもってホームシックではないのだけどこうやってたまにアジアン料理が食べられるのは嬉しい。

the 2nd week of January


おひさしぶりです。うららかさんです。

あっという間に日々が過ぎ、12月から住み始めたイギリスでの生活も1ヶ月半が経とうとしています。


いろんなことがわかってきました。自分のキャパシティも再確認することができました。


落ち込んだりもするけれど、なんとか元気にやっています。やっと少し余裕がでてきたので(うそ。全然余裕ないけど)これまでうららか日記で書いていたように、一週間単位でダイジェストをお届けしますね。

記憶が風化しない内にすべて文章化しておきたいのです。


イギリス生活をみなさんにもお伝えできたらうれしいです。

これからの更新をお楽しみに。


9th, Monday


16時半のフリーレッスンクラスに参加しようと教室に行くと、台湾ガールがいておしゃべり。そしたらなんと日本人がやってきた!彼女は今月来たばかりで、上級クラスに入ってしまったけどそのスピードについていけず、中級クラスに下げてもらったそう。わたしは来週から中級クラスに行きたいと思っていたので一緒になるかも。そしてなんと同い年、ということも判明しビックリ。どんどん日本人が増えてきたなあ。

~~~

When I went to free lesson class and was talking a Taiwanese girl, met a Japanese girl. That girl came to our school this month and went to upper-intermediate class but she changed her class because that level is difficult for her. I am also planning to change my class. Supposedly, we are in the same class next week. Surprisingly, we are the same age.

10th, Tuesday


19時からゴーストツアーというお化けを探す?ツアーが学校によって先生同伴で企画されていたので、一度帰宅してごはんを食べたあと、学校に向かった。みんな集まったはいいものの、いざゴーストツアー開催場所に出向くとなんと今日はお休みなんだとか。がーーーん。

でもその代わりみんなでPubに行くことになり、初のPubを体験!cider(サイダー)はこちらでりんご酒のサワーを意味するようです。すごく美味しかったし、楽しかった〜!

~~~

I was going to go Ghost tour that we can find a ghost in the city center but My teacher missed planning date because today was a rest day. However, we could go to an English pub that is the first time for me. I really enjoyed drinking a cider and talking my friends.

11th, Wednesday


ついに担任の先生がブチ切れた。なぜなら何度注意してもArabicの子たちが携帯を使ったり、Arabicで会話することを辞めないからだ。わたしもこの環境はとてもイヤだなあと感じている。お金が勿体無い。

もっと勉強したいし、もっとたくさんのことを学びたいのに、彼らのせいで授業が中断される。そして先生はその子達をコントロールできていない。はやく次のクラスに移りたい。

晩ごはんのマカロニパスタ、美味しかった!

~~~

Today, My teacher was so angry because my class members aren't serious, talked Arabic and used a smartphone in a class every day - every time. I'm also angry and hate this class because I paid a lot of my money. However, many Arabic students cost was paid a government, so that I think they are not serious.

I want to more study and more lesson but class is slowly and my teacher is out of control them so I want to change my class early!

12th, Thursday




△「は〜!アイロンしなくちゃだわ〜」と言っておばあちゃんがおもむろに出してきたアイロン台が巨大すぎて爆笑してしまった。

今日は担任の先生がお休みだったので代わりの先生が教えてくれた。彼女の名前はJoy。その名の通り、とても楽しい先生で、いつも不真面目な生徒たちも楽しんで授業を受けていた。わたしこの先生が好きだなあ。

ランチはBrazilian、Omani、わたし、日本人の女の子の4人で屋台いってターキッシュラップサンドを食べた。Lamb、とても美味しい。ムスリムなOmaniちゃんは「Halal(ハラル)」と呼ばれるものしか口にできないんだそう。

ハラールは、イスラム法で許された項目をいう。(アラビア語: حلال)端的にはイスラム法上で食べることが許されている食材や料理を指す。反対に、口にすることを禁止されている物をハラーム(アラビア語: حرام)と言い、この語は「やってはならないもの(禁止)」という意味でハーレムと同じ語源である。

イスラム法の下では豚肉を食べることは禁じられているが、その他の食品でも加工や調理に関して一定の作法が要求される。この作法が遵守された食品がハラールとされる。

食品の加工・調理に関して一定の作法が要求される…。そういったものしか食べられないから、食事できる場はかなり限られてるみたい。この日は一緒にHalalであるターキッシュラップサンドを食べたけど、他の日はなにを食べてるんだろう?ちょっと聞いてみよう。


△ちなみにこれがターキッシュラップサンド。中東では看板に「この店はハラルですよ」って表記があるのが普通なんだとか。

イギリスでどうやって見分けるの?と聞いたら、店主に聞くのよ〜と言っていた。ナルホド。

13th, Friday


この日は雪だった。

週末にNewcastleに行かない?という話で盛り上がり、その場でオンラインの値段をチェック。最安値の乗りたい電車だけ決めて、みんなでFish&Chipsを求めて市内散策。と、いってもみんな来たばっかりだし、わたしも台湾ちゃんもレストランに疎くててんやわんや…(なぜなら3週間しかここに居てないし、先月はクリスマスマーケットでランチを買うことが出来たのだ…!)

無事、発見したFish&Chipsのお店はすごく美味しかった。この美味しさは市内で1番なんじゃないかな!?!?

食べ終わったあとはBrazilちゃん、italyちゃん、日本人ちゃんは駅に行って購入することになったため、またね〜と言って別れた。わたしと台湾ちゃんは学生割引カードを持っていたので、家でオンライン購入で済んだのだ。こちらはオンラインが発達しているためとても楽ちん。



帰宅後、ホストマザーと喧嘩をしてしまった。なぜならトースターを壊したでしょ!?と怒られたからである。

1月2日に家についてから、13日の今日まで触ってもないのに!!変な疑いをかけられてムカムカ。「I didn't use it because I've never eaten a toast this month.」と伝えても、きちんと英語ができているわけでもないからか半信半疑でまだ疑われてるみたいだった。

もうぷっちーんときてしまい、泣きながら私使ってないのに!!!と言ってしまった。。(もちろん英語で)

なによりも、英語が話せないから何を主張しても半信半疑。それが悲しいし頭にくるし自分に対してもかなり悔しい。もっともっと会話を上達させたい。


△ディナー後にでてくるカロリー爆弾。。美味しいのだけど、断るわけにもいかないし、いい加減自分で食事コントロールしたい。というか、しないとどんどん肥えてゆく…。

14th, Saturday


この日はイギリスにしては珍しく、とてもよく晴れていて、Omani、Saudiの2人と一緒にCastle Museumへ行った。写真を撮りながらお散歩するの、とても楽しかったなあ。OmaniちゃんはCanonのカメラを持ってきていて、2人で写真についてとても盛り上がった^^

「みんなで撮った写真を恋人に送ったら可愛いねと言われたよ!」と伝えたら「ダメ〜〜!」とOmaniちゃん。え??と思っていたら彼女たちはインターネット上に顔の写った写真を載せることが禁じられているそうな。

そういえばみんなWhatsAppのアイコンは風景写真だったことを思い出して合点がいった。帰宅後、もっとよく調べたら「顔を見せる」という行為自体がとても重んじられている文化のようだ。ヒジャブ(ターバン、スカーフのようなもの)で髪を隠しているからいいのかな?と思っていたけど、ちょっと違うみたい。こういった宗教・文化の違いにとても興味がある。友達のことだからもっとよく知りたい。

15th, Sunday


△ブラジルちゃんに撮影お願いしたら「not importantよ〜」と言ってモニュメントぶった斬る外国人のセンスはまじで謎である。笑

朝10時前にRail Stationに集合。列車?電車?新幹線??に乗り込み、2時間かけてNewcastleへ。Brazilちゃん、Italyちゃん、台湾ちゃん、日本人ちゃん、わたしの5人でTrip。みんな無計画で日本人ちゃんがちょっとイライラしているようだった。彼女はまじめだしテキパキしてる子だからみんなをひっぱってくれた。ありがたい。笑

みんな超無計画なのに、ごはん処についてはすごいこだわりがあって、ここはやだ!これは嫌い!と主張。なかなか決まらず、遠い距離を歩いてCocktailが美味しそうなお店にGO。みんなででかけるって楽しいけど、金銭感覚とか計画とか食事の好き嫌いとか、些細な事が大変なんだなーと思ったのでした。


かわいい壁でした♡



後日談

もう1つやっているブログに海外暮らしについていろいろ書こうと思ったのですが、やはりお仕事に影響が出るようなことは赤裸々に書けず、友達や親族にも読まれていると思うと弱音なども書けない…と気づきました。

海外暮らしに役立つ情報・ブランディングに通ずることのみ向こうに書き、こちらでは弱音や気付きを吐き出す場所にしたいです。

underground uraraca。



なのでYMSでこれまでまとめた記事も、近いうちに消去して移す予定です。すみません。

ひっそりと赤裸々に、日々を語る「うららかさん」をどうぞよろしくおねがいします。



Instagramで日々を発信しています。
よかったらフォローしてやってくださいな